著作リストBOOKS

潜水艦 アジア有事の最終兵器 (サクラムック)2017年07月

中村秀樹 笠倉出版社 サクラムック 637円

弾道ミサイル原子力潜水艦、巡航ミサイル原子力潜水艦といった潜水艦の種類から潜水艦を使った作戦、歴史、最新の潜水艦の紹介まで写真満載で潜水艦のすべてを紹介する一冊。また、巻頭企画では元海上自衛隊潜水艦艦長が北朝鮮、中国などとの軍事的緊張に潜水艦がどうかかわっているのかを解説。北朝鮮潜水艦の実力、南シナ海&東シナ海へと進出する中国といったポイントを取り上げています。

ミッドウェー海戦―海自潜水艦は米軍とこのように戦う2016年08月

中村秀樹 光人社 光人社NF文庫 929円

平成6年の現代から昭和17年の戦時下にタイムスリップした海上自衛隊の潜水艦「あらしお」は、聯合艦隊直率艦となり、ミッドウェー海戦に参加する―現代の潜水艦に乗り組んだ海軍下士官とともに乗員たちはいかに米機動部隊と戦うのか。現実の制約と空想のダイナミズムにより導き出されるミッドウェー海戦の真実。

日本の軍事力 自衛隊の本当の実力2016年08月

中村秀樹 ベスト新書 880円

訓練、演習では世界一強いといわれる自衛隊。優秀な能力を秘めながら、実力を発揮できない。自衛隊の何が問題なのか? 世界でもその優秀さで知られる海上自衛隊の潜水艦!! その元エース潜水艦長(米原潜との演習で18勝1敗1分) が詳らかにする!

潜水艦完全ファイル (万物図鑑シリーズ)2015年02月

中村秀樹 笠倉出版社 972円(900円+税)

潜水艦は何のためにあるのか、そして何をしているのか。海上自衛隊潜水艦艦長を務めた著者が、潜水艦の任務や種類から、作戦・戦闘、歴史、艦内生活の全貌までを写真満載で解き明かす。巻頭では最新・最強潜水艦を特集する。

日韓戦争―備えなければ憂いあり2014年11月

中村秀樹 潮書房光人社 光人社NF文庫 896円(830円+税)

反日政策の行きつく果ては何か!韓国大統領は、韓国軍は、本気で日本と戦うのか!自衛隊は単独で「失われた領土」を取りもどす戦いをする…。

第二次日露戦争―失われた国土を取り戻す戦い2013年12月

中村秀樹 潮書房光人社 光人社NF文庫 885円(819円+税)

経済危機と民族紛争を抱えたロシアは“北海道”に侵攻した。自衛隊は単独で勝てるのか? 「自衛隊の演習で使われるマンネリ化したシナリオの裏をかかれたらどうなるか」という問題提起のもとに描かれたシミュレーション小説。

尖閣諸島沖海戦 自衛隊は中国軍とこのように戦う2012年12月

中村秀樹 潮書房光人社 光人社NF文庫 864円(800円+税)

20XX年、中国とついに戦争! 石垣・宮古島に上陸した中国陸軍、そして中国海軍空母との戦い...。自衛隊は単独で勝てるのか? 近未来の日中戦争を想定した、衝撃のシミュレーション小説。

自衛隊が世界一弱い38の理由 元エース潜水艦長の告発2009年05月

中村秀樹 文藝春秋 1,440円(1,333円+税)

敵を知らずとも己を知れば、百戦百敗 これが悲しき我が自衛隊の実相だ! 尖閣諸島に100人の中国軍が上陸した。しかし自衛隊は国会の承認なしには何もできない...。自衛隊に半生を捧げた著者が自身の経験や考えをもとに完敗シミュレーションをリアルに描き、自衛隊の実態を告発する。

これが潜水艦だ―海上自衛隊の最強兵器の本質と現実2008年06月

中村秀樹 光人社 光人社NF文庫 741円(686円+税)

あっと驚く現代潜水艦の実態を元海上自衛隊潜水艦長がみずからの体験を基に初めて描く。海上自衛隊潜水艦の『本当の戦い方』を示す話題作。

本当の特殊潜航艇の戦い―その特性を封じた無謀な用兵2007年05月

中村秀樹 光人社 光人社NF文庫 761円(705円+税)

日米開戦のさきがけとなり、日本海軍の全作戦海域で活躍し、本土決戦において主戦力として備えていた特殊潜航艇―居住性は劣悪で、連続一〇時間の乗務に乗員は耐えられない―潜水艦ではなく消耗兵器である特潜の知られざる特性をあらゆる悪条件下に奮闘した実戦と共に元海自潜水艦長が徹底研究する話題作。

本当の潜水艦の戦い方―優れた用兵者が操る特異な艦種2006年05月

中村秀樹 光人社 光人社NF文庫 782円(724円+税)

元海上自衛隊潜水艦長が戦争の実態に基づいて検証し、潜水艦の最適な用法作戦を示す。海上自衛隊の作戦に疑問を投じる話題作。